【超オススメ】最強サプリメントクレアチンの効果や種類を解説!

おすすめのサプリメント

筋トレで最も効果が感じられると言われているクレアチン。

僕自身もサプリメントで何が一番効果があったか聞かれると、まずクレアチンを紹介しています。

それほどまでに効果のあるクレアチンですが、実際のところどんな効果があるのでしょうか?

今回はクレアチン初心者に向けて記事を書いていきます!

スポンサーリンク

1 クレアチンとは?

まず人間はATPと呼ばれる物質で動いています。

そのATPが十分に余っているときに、クレアチンとATPが結びつきます。

その結果、強度の高い運動時にエネルギーとして消費されるクレアチンリン酸という物質ができます。

ただしATPにはリン酸が3つありますが、クレアチンリン酸にはリン酸は1つだけです。

するとリン酸が2つ余りますので、それはADP(アデノシン二リン酸)となります。

「クレアチン+ATP⇒クレアチンリン酸+ADP」

そして運動などでATPが足りなくなると、逆の反応が起こって、ATPを作り出します。

「クレアチンリン酸+ADP⇒クレアチン+ATP」

つまりクレアチンリン酸はATPを貯蔵するための物質だと考えてください。

そしてクレアチンが大量にあれば、それだけ多くのクレアチンリン酸を作り出すことができます。

するとATPを作り出すのにも余裕ができる、より高いパフォーマンスができるようになるのです。

2 クレアチンの効果

クレアチンの主な効果は、瞬発的な運動のパフォーマンスを向上させることに効果があるとされていますが、実は他にも効果があります。

例えば脳の機能をアップさせる、動脈硬化を防ぐなどまだまだ新たな効果が期待されています。

特に一番注目されているのは、筋肉量の増大効果です。

数あるサプリメントの中で、HMBとクレアチンのみ筋肉量増大効果があるとされています。

筋肉量アップには水分がとても大事なため、クレアチンの水分を体に引き込む作用が筋肉量アップに繋がっているのでしょう。

あとはやはり筋力がアップし、トレーニング効果が高まるからですね。

90kgのベンチプレスでトレーニングしていた人が、クレアチン摂取で100kgでトレーニングできればその分刺激が高まります。

そうするとおのずの筋肉量も増えますね。

これらの点からクレアチンは筋肉をつける方にとって最強のサプリメントと言えるのではないでしょうか?

3 クレアチンの摂取方法

クレアチンの摂取方法をご紹介します。

まず摂取タイミングですが、基本的にトレーニング後がオススメです。

あえてトレーニング前に摂取し、トレーニング効果を高める人もいますが、筋肉量アップならトレーニング後が良いでしょう。

あとは糖質と一緒に摂取するとより効果が高くなります。

HMBも相性が良いです。

どうせ摂取するなら効果をより引き出したいですよね。

合わせて摂取しましょう!

摂取サイクル

クレアチンは他のサプリメントと違い、摂取サイクルというものがあります。

一番無難な方法は毎日5gを30日間摂取し、体内にクレアチン貯蔵します。

もう一つは5日程度集中して摂取する方法です。

5gを1日5、6回、5日間摂取します。

この方法は人によってかなり頻尿ななったり、筋肉が攣るなどの作用が起きることがあります。

僕は結構大丈夫だったので、この方法で摂取したんですが、効果の体感の早さは実感できましたね。

無理のない方法サイクルを選んでいきましょう。

サイクル後は毎日5g摂取をすると体内のクレアチン濃度が一定に保てます。

4 オススメのクレアチン

クレアチンの種類がたくさんあって選ぶのに迷いますよね。

基本的には一番安いモノハイドレードで十分でしょう。

他のタイプは価格が高い割には、効果はモノハイドレードと同じか、それ以下も有り得ます。

クレアチンの基本的な実験全ては、モノハイドレードで行われているので、他の種類の効果に疑問が残ります。

大手オプチのクレアチンユニバーサル社のクレアチン、コスパ重視ならナウ社がオススメです。

大きく効果に差はないので、コスパで選ぶと良いのではないでしょうか?

 

新宿駅・横浜駅周辺で、パーソナルトレーニングを受けたい方必見!

糖質を食べながらキレイに痩せるパーソナルジム!

 

YouTubeチャンネルの登録もお願いします!

 

最新の理論や登録した方限定の裏情報を発信中!

友だち追加

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメント

  1. […] 詳しくはクレアチンについて書いた記事があるので、参考にしてみてください、 […]

  2. […] 詳しくはクレアチンについて書いた記事があるので、参考にしてみてください、 […]

  3. […] この記事を読む […]