【完全保存版】パーソナルトレーナーになるための有名資格を難易度も含め徹底比較!

パーソナルトレーナーになりたい

ここ数年、大手ダイエットジムの衝撃的なCMをよく見かけるようになりました。

また、その大手ジムから独立した個人のトレーナーも含め、個人で経営されているジムも増えて来ました。

こうした背景から、『パーソナルトレーナー』『パーソナルトレーニング』という言葉もよく耳にするようになりました。

そして、個室ジムが増えたことにより、パーソナルトレーナーになりたいという需要が年々増加しています。

現在、体育大学や専門学校でトレーナーになるための勉強をされている方は、パーソナルトレーナーとして独立することやパーソナルトレーニングジムへの就職を希望している方も多いと聞きます。

また、体育大学や専門学校へは行っておらず、パーソナルトレーニング業界に全くの未経験から参入して、活動したいという社会人の方もいます。

そこで、これからパーソナルトレーナーになりたい方は、こんな疑問がありませんか?

・パーソナルトレーナーになるには何を学んだら良いのか?
・下積みは必要か?
・資格は必要か?

パーソナルトレーナーを目指す中で資格取得は、解剖学や運動生理学、栄養学のような専門知識はもちろん、安全管理、メニュー作成などが学べ、非常に有効です。

ただ、多くの団体が資格を発行しており、それぞれに特徴、難易度などが異なり、どの資格を目指そうかと迷う方も多いです。

そこで、今回はそんな方に向け、パーソナルトレーナーになるために役に立つ資格の中でも代表的な3種類を比較して紹介いきます!

この記事でぜひあなたに合った資格を見つけてみてくださいね!

スポンサーリンク

それぞれの資格の特徴について解説!

まずはそれぞれの資格の特徴についてご紹介していきます。

NSCA–CPT

こんな方にオススメ!

    • パーソナルトレーニング業界の資格の中で最大手のため、信頼が欲しい方
    • パーソナルトレーニングジムの就職を楽にしたい方
  • パーソナルトレーナー基本的な知識をつけたい方

フィットネスの本場であるアメリカや日本をはじめ、世界中に認定トレーナーがいる、業界内では最も有名な資格となっています。

この資格を取得していると、スポーツクラブなどで、パーソナルトレーナーの活動を許可してもらいやすいです。

さらに就職に関しても有利だと、周辺のトレーナーの話を聞いていて思います。

ちなみの上位資格である、NSCA-CSCSと言うものありますが、これはストレングスコーチなどで活動したい場合のみ、取得した方が良いですね。

詳細は、パーソナルトレーナーになりたい人のための資格、NSCA-CPTの受験資格や日程、難易度、独学について解説!をご覧ください。

NESTA-PFT[/dt_quote]

こんな方にオススメ!

    • 知名度では2番手だが、難易度は上記資格より低いため、勉強量を減らしたい方
  • フィットネス業界でのキャリアを積みたいと考えている方
  • パーソナルトレーナー基本的な知識をつけたい方
アメリカや日本をはじめ、世界20カ国で資格保持者が活躍しているフィットネス、トレーナー業界では国際的に認知されている資格です。

さらに資格を取得する難易度が、上記のNSCA-CPTよりややハードルが低いです。

そのため、パーソナルトレーナー未経験の方や経験が浅い方は、このNESTA-PFTが最初の一歩としてオススメです!

また、試験の開催も比較的多いので日程の面でも都合を合わせやすいです。

詳細は、パーソナルトレーナーになりたい人のための資格、NESTA-PFTの受験資格や日程、難易度、独学について解説!をご覧ください。

JATI-ATI

こんな方にオススメ!

    • 業界内でこの資格を取得しているトレーナーが少ないため、差別化をしたい方
  • フィットネス業界でのキャリアを積みたいと考えている方
  • パーソナルトレーナー基本的な知識をつけたい方

こちらは上記の資格と比べると、珍しい日本の協会が発行している資格。

特徴としては、受験の条件のハードルがやや高いため資格取得のハードルが高いため、取得者が少ないです。

その受験の条件はというと、

    1. 講習会の参加が必須
  1. 学歴が高卒で業界経験3年以下の者は取得できない

など他の資格と比較して、受験の条件で制限があります。

ただ受験の条件のハードルが高い分、業界内では差別化を測りやすいでしょう。

詳しくは、パーソナルトレーナーになりたい人のための資格、JATI-ATIの受験資格や日程、難易度、独学について解説!をご覧ください。

今回ご紹介した”NSCA-CPT” ”NESTA-PEF” ”JATI-ATI”の3種類の資格は、主に専門学校で習得ができます。

特にNSCA-CPTとNESTA-PEFは未経験でも取得可能なため、比較的目指しやすい資格と言えるでしょう。

ここまでは各資格の特徴を主に紹介しましたが、取得にかかる費用等をまとめてみました。

パーソナルトレーナー向け資格を一覧で簡単比較

ここまでの内容を振り返ると、発行している団体や受験の条件は違いや業界内での扱われ方が違いをご紹介しました。

ただ、まだ紹介していない料金面などにも差があります。

ここまでご紹介してきた3つの資格の価格などを一覧でご紹介していきますね。

価格一覧表

資格名料金(受験料、教材費含む)勉強方法
 NESTA-PFT 72,500~ 問題集メインで実技はなし
 NSCA-CPT 45,200~ 問題集メインで実技はなし
JATI-ATI 155,600~ 問題集メインで実技はなし


結局、どの資格が良いのか?

これらパーソナルトレーナーの資格自体にはそこまで大きな差は無く、どれが良いというのも一概にはありません。

それよりも、どこで、どのように活動するかが資格選びのポイントになります。

活動方法としては、

    • パーソナルトレーニングジムで働く
    • フィットネスクラブでのフリーパーソナルトレーナー
    • レンタルスペースで活動
  • マンションの一室を借りて独立開業

があります。

そもそもパーソナルトレーナーの資格は、どんなトレーナーになりたいかが明確になっていないと取る意味がないです。

一口にパーソナルトレーナーといっても、様々な分野があるので、この「自分がどんなトレーナーになりたいか」をしっかりと定めておく必要があります。

あとはどんなトレーナーになりたいのかが定まれば、自分のなりたい分野の資格を選ぶだけです。

そして、必要な資格は各企業によって異なりますのでそれぞれの採用情報をご確認ください。

また、資格取得後の活動方法はもちろん大切ですが、独立して活動していくためには、ただ資格を取得するだけではいけません。

パーソナルトレーナーとして、成功するための方程式を学ぶかがとても重要になってきます。

学ぶのであれば、実際に売れているパーソナルトレーナーから、直接学ぶことがあなたの未来にとってベストな選択肢となります。

[dt_divider style=”thick” /]

 

業界未経験者が集客に困らず

月に100万円売り上げる

パーソナルトレーナー養成講座開催!

 

第0期で実際に100万円突破した受講生がいます!!

 

パーソナルトレーナーとして活動したくて、色々と調べているが、集客や技術をどう習得したら良いのか悩んでいませんか?

それら全てを学べて、尚且つ結果の出るパーソナルトレーナー養成講座の事前説明会を開催中!

定員もありますので、お早めにご覧ください。

 

 

パーソナルトレーナー業界未経験者が、

最初から集客に困らずに

月に100万円売り上げる全手法

 

パーソナルトレーナーとして活動したくて、色々と調べているが、集客や技術をどう習得したら良いのか悩んでいませんか?

 

今回の無料メール講座は、弊社やクライアント様が実際に取り組み効果のあった、

  • お客様の結果が出るようになる接し方
  • 月100万円の売上へ最短で到達するオフライン・オンライン集客法
  • パーソナルトレーニングジムの絶対忘れてはいけないビジネスモデルの構築法

など、パーソナルトレーナー専門の集客戦略と、技術やテクニックを5回に渡って講義させて頂きます。

一見簡単そうで、続々と廃業しているパーソナルトレーニング業界で圧倒的実績を誇る、業界トップトレーナーの全てをメールで配信します。

 

是非、集客に困らないパーソナルトレーナーの仲間入りをしてください。

 

コメント