【簡単にウエスト-7cmを達成しよう!】普段の生活を見直すだけでできるダイエット術をご紹介!

ダイエットの方法

ダイエットしてウエスト細くなりたいけど、あまり運動は得意じゃないし食べ物も制限し過ぎたくはないな~。

 今回の記事はウエストを細くしたいけど、ガッツリ運動や食事制限はあまりしたくないという方にオススメの記事です。

 

今回は、実際に当ジムのInstagramアカウントでアドバイスをしたところ、少し生活を見直すだけで結果が出ましたとの声を頂いた方法です。

 

実際にやっていくと「ん?これだけでいいの?」と思えるほど簡単なものです。

「ダイエットって、あれもこれも、いっぺんにやらないといけないから苦手なんだよなー。」

と不安に思っている方も安心して取り組んで頂けます!

それでは一緒に見ていきましょう!

スポンサーリンク

簡単にできるウエストを減らす方法は食事の見直しから

「全然暴飲暴食してないんだけど痩せないんだよな~。」と言う方にオススメしたいのがこの方法!

1日の食事全てをノートに記録する。または写真を取って保存する。

実はこの方法、かなり効果的なんです!

今の体重が中々減らない時は、自分が思っている以上に食べてしまっていることが多かったりします、、

食べ過ぎてしまえば、どうしても痩せるのが難しいですよね?

それを記録する事によって、自分が口にしたもの全てを把握する事が出来るのです。

把握した上で振り返ると、

「あ、ここでつまみ食いをしてしまったお菓子が思っている以上に多い…」

「お酒を飲み過ぎているし、お酒の勢いで結構食べてしまっているな…」

といった風に意外にも、自分がたくさん食べているなと気づけるのです!

他にもいくつかわかってくる点があります。

・お菓子 アイス ケーキ

・お酒

・油物

・炭水化物

・ジャンクフード

・ジュース

・コーヒー紅茶のお砂糖、ミルク

・炒め物をする時の油の量

これらを食べていないかを見ていきましょう!

自分がダイエットに向いている食材をしっかりと食べられているのかどうか。

油物の量や炭水化物の量が多すぎてはいないか。

気付いたら、飲み物がジュースが多い。

普段よく飲むカフェオレやスムージーのカロリーが意外にも高い…。

なんて発見もあります!

これらを見つけ出すために記録は必ず行いたいところですね。

記録を取らなければ発見することは、なかなか難しいです。

たくさん見つけられれば、1ヶ月で1~2.5kg程度でしたらすぐに効果が現れます。

体重が1kg減るとおよそ2~3cmウエストが減っていく計算なので、自然とお腹周りもスッキリしていくでしょう。

ちなみにペースの速い方だと1ヶ月半程度で、簡単にウエストを-7cmを達成することもできます!

まずは記録をする事から取り組みましょう!

ウエストサイズを減らすには食物繊維をいつもの倍食べる!

記録が出来ている方で、さらに食事を見直してウエストの減少をさせたい方向けの方法をご紹介しますね。

その方法は、食物繊維を摂取することです!

現在、日本の厚生労働省の発表だと、1日あたりの食物繊維の摂取基準量は、

  • 男性が20g
  • 女性が18g

と、なっています。

ただ実はその後の調査で、現在日本人が1日に摂れている食物繊維の量が半分前後なのが分かったのです、、

食物繊維の摂取量が少ないということは、ウエスト減少の大きな妨げになってしまいます。

さらに食物繊維の摂取量が少ないと、1番問題なのが、腸内環境の悪化と便秘です。

便秘になってしまうと腸の中で便が滞ってしまうので、どうしてもウエストが細くなりづらくなってしまいます。

そこで便秘を防ぐための方法を以下でお伝えしますね。

まずその前に食物繊維について知っておいてほしいことがあります。

そもそも食物繊維は2つの種類がある事をご存知ですか?

食物繊維は、

水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の2種類に分かれます。

水溶性食物繊維は大麦、オーツ麦、果物、昆布、わかめ、こんにゃくなどに含まれます。

水溶性食物繊維の特徴は発酵性が高く腸内で発酵すると、ビフィズス菌が増やしながら腸内環境を良くしてくれます。

ウエストの減少に強く効果を発揮してくれるのは、不溶性食物繊維です!

不溶性食物繊維は穀物、野菜、豆、キノコ類、果実、海藻などに含まれます。

保水性が高く、胃や腸で水分を吸収して大きく膨らむことにより腸を内側から刺激して、腸の動きを活発にする事(蠕動)で、便通をスムーズに促進します。

「じゃあ水溶性食物繊維は摂らずに不溶性食物繊維だけをとれば便秘がもっとよくなりそうだね!」

と思ってしまいそうですが、そうはなりません。

水溶性食物繊維は腸内環境を整えてくれたり、糖の吸収を抑えてくれて脂肪の蓄積による体重増加を防ぐ効果があります。

どちらもバランスよく摂ることで、食物繊維の持つ力を最大限に発揮する事が出来るのです!

そして、この2種類の食物繊維には摂取量バランスの黄金比というのが存在します!

水溶性食物繊維:不溶性食物繊維=1:2の割合で摂取する

なので、厚生労働省発表の食物繊維摂取基準量と合わせて

男性は、水溶性食物繊維7g 不溶性食物繊維14g

女性は、水溶性食物繊維6g 不溶性食物繊維12g

この量を摂取出来ると、ウエストを最も早く細くすることができますね。

睡眠時間を長く取る!

最後に意外とダイエットと関係がなさそうで、見落としがちな睡眠時間とダイエットの関係性についてお話ししていきます!

「痩せる為に寝る間を惜しんで、運動をしよう!」

という風にしてる方は、今すぐに運動をやめましょう。

結論から言うと、寝る時間が短くなるとそれだけ痩せなくなります。

トレーニングや運動以外にも日々、疲れは蓄積していきます。

それを回復させるのは食事と睡眠です。

食事の量を減らしていくダイエットをすると、それまで食事で回復させられていた疲労を睡眠でカバーしないといけません。

そこに加えて睡眠時間を削って運動をしてしまうと、睡眠時間が減り回復が行えない分と、運動でより疲労が溜まりやすくなります。

疲労が溜まった状態では運動の強度が落ち効果は半減してしまいます。

また過度なストレスがかかるので、代謝も下がってしまいます。

運動をする場合は睡眠時間は削らずに、生活に組み込むようにしましょう!

まとめ

  • 食生活の見直しをまず1番最初に行いましょう!
  • 食物繊維は普段の倍量を!
  • 出来る方は水溶性食物繊維:不溶性食物繊維=1:2の黄金比も意識してみましょう!
  • 睡眠時間は削らずに!

満足の行く睡眠時間が確保していければ、それだけダイエットのペースは上がります。

夜にスマホやテレビを見て30分、1時間と過ごしてしまう時間を痩せる為に睡眠に当てましょう。

ぜひ実践できるものからやってみて下さいね。

 

新宿駅・横浜駅周辺で、パーソナルトレーニングを受けたい方必見!

糖質を食べながらキレイに痩せるパーソナルジム!

 

YouTubeチャンネルの登録もお願いします!

 

最新の理論や登録した方限定の裏情報を発信中!

友だち追加

 

コメント