結局40代女性が本当に痩せるダイエットはこれしかない!?〜食事編〜

女性のボディメイク

なんだか最近お腹がぽっこり出てきた…

若い頃に比べて痩せずらくなってしまった。

通販でダイエットに良いって言ってたから買ったサプリメントを使ったけど痩せない。

ネットで調べたブログに書いてある〇〇ダイエットを試したけど全然痩せない。

なとなど

当ジムに来店された40代の女性から、このような内容の悩みをよく聞きます。

そこで今回は、そんな悩める40代以降の女性に向けて、この記事で年齢に合ったダイエット法をご紹介します!

今までの様々な誤解を解き、他の女性向けダイエットブログにはほとんど書かれていない科学的な要素や、信頼度の高い研究データを取り入れた記事なので、実践すれば必ず痩せる事が出来ますよ

当ジムPleateメソッドの一部を特別に公開しちゃいます!

スポンサーリンク

ダイエットの目的は体重を下げる事ではない!

まず皆さんが過去に行ったダイエットが失敗した理由は、ダイエットの基本を無視している事にあるかもしれません。

というのもこれを意識しなければいけないからです!

それは、

ダイエットの目的を明確にしましょう!

ということです。

そもそもダイエットの目的は、体脂肪率を下げる事にあります!

あれ?体重を減らす事じゃないの???と思われるかもしれません。

そんな方に確認して頂きたいのですが、

体重というものは、

脂肪の重さ+骨の重さ+筋肉の重さ

これら全てを合わせたものになります。

つまり脂肪の重さは少なくても、骨の重さや筋肉の重さが多ければ総量として、どうしても体重は重くなります。

ですから体重が重い事を太っていると決めつけると、ダイエットを失敗する可能性が高くなります!

では何をもって、太っていると判断するのでしょうか?

体脂肪率で比較せよ!

もうお分りだと思いますが、それは体脂肪率です。

体脂肪率とは、体重あたりの体脂肪の量がどれだけあるかを示すものです。

体重で判断するとなると、

身長が150cm体重が50kgの女性と

身長が170cm体重が50kgの女性の2人がいたとしても、2人は同じ痩せ具合という事になります。

ですがきっと身長が170cmの女性の方が明らかに細く見えますし、比較になりません。

体重で判断するのは身長によっても大きく左右されますし、極めて不安定な要素と言えます。

ですが体脂肪率であれば、

身長が150cm体脂肪率25%の女性と

身長が170cm体脂肪率20%の女性の2人がいたとして、仮に2人の体重がバラバラでもどちらが太っているかは体脂肪率が高い方と比較できると思います。

このように体脂肪率で判断することによって太っているのかを明確にできます。

40代女性に多い基礎代謝の低下が原因

基礎代謝が落ちる事を知らずに、今まで体重にこだわってダイエットを行なってきた方、さらに若い頃から何度も繰り返して来た方は脂肪と一緒に骨や筋肉の量を減らしている場合が多いです。

体重は下がっても、体脂肪率はさほど下がらないダイエットをしてきてしまったのかもしれません。

このようなダイエットを行うと、筋肉の量が減ってしまうために基礎代謝が下がります。

※基礎代謝というのは1日中寝ていても体が丸1日正常に働くために必要なエネルギー量、つまりカロリーの事をさします。

筋肉の量が減ってしまい基礎代謝が下がると、カロリーを消費しづらくなります。

ここでダイエットを終了し食事量を戻すと、筋肉は戻らないままなので以前より太りやすくなってしまいます。

ある所で太ってきたと感じ、再度ダイエットをするものの、更に筋肉の量が減り基礎代謝もそれに伴って減ってしまうのです。

それを若い頃から何度も何度も繰り返す事によって、繰り返せば繰り返すだけカロリーを消費しづらくなりリバウンドしかできない体が出来上がってしまいます。

40代女性はこの傾向の方が多いため、若い頃に比べ痩せずらくなり、脂肪がお腹につきやすくぽっこりお腹になってしまう事が多いのです。

これを改善するためには正しい運動、正しい食事が必要となります。

正しい運動とはウエイトトレーニングの事を指します。

ウエイトトレーニングで筋肉量を増やす事により基礎代謝を高め、脂肪を燃焼させやすい体を作り、体脂肪率を減少させるのです。

こちらの記事で40代女性が取り組むべきウエイトトレーニングについて、詳しく解説していますのでご覧いただけます!

今回の記事は食事にフォーカスして解説していきますね!

これが出来ないとダイエットは始まらない?

ダイエットの鉄則は

摂取カロリー<消費カロリー

にすることです。

つまり、食べたカロリーよりも消費したカロリーを多くするのです!

これが出来ていなければいくらダイエットに良いと言われているサプリメントや、〇〇だけ食べるダイエットを行なっても絶対に痩せられないのです。

ではどのくらい食事の量を減らせば良いのでしょうか?

ひたすら食べる量を減らすだけでは筋肉を減らしてしまうのでよくありません。

一体、どれだけ食べれば良いのでしょうか?

基礎代謝を表示できる体重計、体組成計を使う場合は表示された基礎代謝に

デスクワーク中心の方は1.3

営業や立ち仕事の方は1.5

肉体労働を行なっている方は1.7

日常的にスポーツを行なっている方は1.9をかけて下さい。

40代女性は1.3〜1.5をかけるとうまく行く方が多いと思います。

そして出た数字が1日のおよその消費カロリーとなります。

体組成計のない方は摂取したカロリーと体重を毎日記録します。

そして1週間毎に平均値を出し、どのくらい食べれば体重がどのくらい増えるか、またどのくらい減るのか推移を見てみます。

その結果、体重が増えていれば少しカロリーを減らして、体重が減るカロリーを導き出していきます。

そして、その後ダイエットのペースを決めて行くのですが、1週間あたり体重の1%を上限として行います。

何故かというと1%を上限にする事で筋肉を減少させずに脂肪を減らす事が出来るからです!

ですので1週間で1%以上の減少幅であれば、少し摂取カロリーを増やすと良いでしょう!

カロリーとペースがわかった所で

今度はカロリーの内容に目を向けます!

ダイエットの食事バランス

人間には必ず必要な三大栄養素というものがあります。

三大栄養素はタンパク質、脂質、炭水化物の3つを表します。

タンパク質は1gあたり4kcal

脂質は1gあたり9kcal

炭水化物は1gあたり4kcalのエネルギーを持っています。

ここで注目する事がタンパク質と炭水化物は4kcalなのに対し、脂質は倍以上の9kcalということです。

油物など脂質の多いものを食べると太りやすいのはこのためです。

ですが三大栄養素というくらいですから、摂取しない訳には行きませんので必ず摂取します。

次にタンパク質と炭水化物は4kcalで同じなのですが、これを摂取すると消化を行うのにエネルギーを使います。

タンパク質は30%炭水化物は6%を消費する事になるので、同じ4kcalでもタンパク質が実質1番カロリーが低いので、タンパク質は積極的に摂取したい栄養素ということですね!

最後にバランスを決定したいのですが

タンパク質を体重×2g

脂質を体重×0.5〜1gに設定し

残りのカロリーを炭水化物にする事で

バランスがとれ、筋肉が減少するのを抑えつつ食事量も確保できるので、継続がしやすいダイエット食の完成となります。

まとめ

40代女性は若い頃から繰り返してきた間違ったダイエットや運動不足によって筋肉量が減少して基礎代謝が下がり、痩せづらい体になってしまっています。

そして若い頃に比べて脂肪がつきやすくなってしまっているため、正しい食事と運動で筋肉量を増やして基礎代謝を上げ痩せやすい体を取り戻す必要があります!

ぜひ取り組んでみて下さいね。

part2は運動について書いてありますので、

ダイエットを加速させたい方は合わせてこちらからお進み下さい!

結局40代女性が本当に痩せるダイエットはこれしかない!?〜トレーニング編〜

 

新宿駅・横浜駅周辺で、パーソナルトレーニングを受けたい方必見!

糖質を食べながらキレイに痩せるパーソナルジム!

 

YouTubeチャンネルの登録もお願いします!

 

最新の理論や登録した方限定の裏情報を発信中!

友だち追加

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメント

  1. […] この記事を読む […]